テレビ広告

電話で話す女性とファイル

おいしそうな商品がテレビ広告で宣伝されていると、自分もその商品を食べたくなってしまいます。広告代理店は、そのような広告を作るのがとても得意です。ですから、本当においしいのかどうかはここからは本来であればわからないはずです。しかしながら、映像を見ると、あたかもその商品がとてもおいしいかのように見えるのです。テレビ広告を見ている視聴者は、その商品が本当においしいのかどうかについて疑問を持つ必要があります。テレビ広告を見て気になった商品は必ず、確かめるようにしてください。そして、テレビ広告からの印象と実際の商品の味がどのように違うのかをつかめるようにしなければなりません。そのような態度のことをメディアリテラシーと呼びます。

テレビ広告を見ていると有名タレントやゆうめ芸能人が多数出演していることがわかります。このテレビ広告に喫煙しているタレントは、視聴者に人気がなければなりません。ですから、テレビ広告を制作する広告代理店はタレントに関して日調査を行っているのです。そして、その人気調査で上位になっているタレントもテレビ広告に行をしようとします。すると、その商品のイメージとタレントのイメージが合致すれば、テレビ広告は成功することとなります。つまり、テレビ広告を作るときはその広告の効果まで考えて作らなければならないのです。したがって、簡単な思いつきで広告を作っているわけではありません。視聴者を楽しませようとして広告代理店は奮闘しているのです。


このエントリーをはてなブックマークに追加