立て看板の歴史

電話で話す女性

その歴史について簡単にご紹介します。

そもそも看板ができ始めたのは、江戸時代になって江戸に都をおいてからです。現在の日本橋周辺には沢山の商店が立ち並びました。しかしこの頃は立て看板と言うものありませんでした。立て看板があれ今登場するのは、戦中の混乱したと時いわれています。 様々な店がごちゃごちゃに立ち並ぶことで、看板は立て看板の方がとても見やすいということがわかって作り始められたのです。 それから昭和の戦後に入ると、中に行け強盗が入った電気のつく立て看板もまちに出るようになりました。 現在は非常にインターネットが達をしている時代ですが、やはり街を歩いていて目立つ誰か曲がると左の店に興味を持つことができます。 立て看板の歴史は再びその良さが見直されて、個性的なものが作れるようになっているのです。

立て看板の今後の動向についてご紹介します。

現在立て看板は、様々な種類のものが出ています。中でもとても人気なのが、黒板に手書き風の直で描いたものとはアットホームな雰囲気がしてとても人気があります。 またカフェやレストランではメニューを盾看板に書く事でその日のお勧めメニューなどが分かり非常に有効に活用されています。 つまり立て看板はリアルタイムでお店の情報を伝えることができるアイテムなのです。 そして今後の動向ですがこの立て看板がリアルタイムに物を伝えるという特性を生かして、中にテレビのモニターのようなものを仕込みインターネットで作成した情報立て看板に随時流していく物が作成されることでしょう。 またQRコードが表示されてQRコード読み取ることでお得なクーポンなどがゲットできる立て看板も今後は作れる動向にあります。


このエントリーをはてなブックマークに追加